• HOME
  • ノマドライフ
  • ノマドライフとはどんな生き方?イチからわかるノマドライフのすべて
ノマドライフとは?

ノマドライフとはどんな生き方?イチからわかるノマドライフのすべて

かつては会社に所属し仕事をおこない、その対価として月に一回、給料をもらって生きていくことが主流でした。しかし、今ではさまざまな働き方があります。

そう、今の時代、働き方はひとつではないのです。今回ご紹介するノマドライフも、そのうちのひとつ。

この記事では、そんなノマドライフのことについて詳しく解説していきたいと思います。

ノマドライフとは?

ノマドライフとは02
そもそも「ノマド」という言葉には、遊牧民という意味があります。

遊牧民は、ひとつの拠点に居続けるのではなく、場所を転々としながら生きている人たちのことを指します。

つまり、ノマドライフは、遊牧民的な生き方のことです。

そのため、たとえば毎朝、必ず会社に出社して定められた空間で仕事をする人たちは、ノマドライフを送れているとは言えません。

一方、自宅はもちろん、カフェ、コワーキングスペースなど、さまざまな場所で仕事をする人たちはノマドライフを送れていると言えます。

こういった人たちのことをノマドワーカーと呼んだりしています。

ちなみに、会社員だとしてもオフィス以外の場所で働いているのなら、もうそれはノマドワーカーになれていると言えるでしょう。

ノマドライフを叶えるためには?

簡単に言うとノマドライフを叶えたいなら、仕事をひとつの場所に縛られずに働ける職業にすればよいです。

その代表としてよく知られているのが、パソコン作業がともなう仕事でしょう。たとえば、エンジニアやブロガー、ライターなどがこれに該当します。

また、パフォーマーなど自分の体ひとつでできる仕事も、ノマドライフを叶えられる職業として挙げられます。

ノマドワーカーになる際に注意しておきたいこと

ノマドライフとは03
しかし、ノマドワーカーになる際には、いくつか注意しておきたいこともあります。

具体的にどのようなことなのか、ここでチェックしていきましょう。

今の生活が変化する覚悟

今現在、会社員として働いている人は、収入の大小は別にして安定しています。

いろいろな面で会社に守られていると言っても過言ではないでしょう。たとえば、仕事でミスをして案件を解約されても、基本的には収入が下がることはありません。

しかし、ノマドワーカーになると、自分で収入を得ていかなければなりません。仕事上のちょっとしたミスが収入を左右することになるのです。

また、前節で取り上げた職業の経験がない人は最初、うまく仕事を見つけられない可能性もあります。この場合、スキル面などで人並以上の努力が必要になります。

ノマドライフを叶えるためにはまず、これらのことを覚悟しなければなりません。

収入が不安定になる可能性

上記と関連しているのですが、ノマドワーカーは、案件が回ってくる人案件が回ってこない人で明確にわかれます。

仕事を依頼する側は、やはりその分野に精通している人に案件を任せます。理由は単純で、そのほうが仕上がるものが良いからです。安心できるとも言えるでしょう。

スキルが高い人に仕事が集中するため、まだ経験が浅かったり、実績が少なかったりする人は、収入が不安定になる可能性があります。

ノマドライフへの不安を払拭するためのコツ


前節のようにノマドライフには、安定した生活から一歩踏み出しづらいと感じる注意点があります。

しかし、今からご紹介するコツを把握しておくことで、その不安を払拭できることにつながります。

仕事面での信頼を獲得しておく

会社員として働いている以上、取引先と関わることもあるはずです。

そうした会社から仕事面で信頼されていれば、仮にその会社を辞めても個人として仕事を依頼してくれる可能性が高まります。

また、社内においても、周りの社員から仕事面で信頼されていれば退職後、個人として案件を任せてもらえることもあります。

そうすれば、ノマドワーカーとなったあとも、安定して仕事ができるようになります。

人脈を広げておく

人脈を広げておけば、そのネットワークのなかから、仕事を依頼してくれる人が出てくるかもしれません。

これは、広ければ広いほど可能性を高められるので、たとえば異業種交流会に参加するなどし、今のうちから多くの人と交流を持っておくことをオススメします。

ノマドライフを送れる職業

ではここから、改めてノマドライフを送れる職業をご紹介していきます。

ノマドライフに不可欠などこにいても仕事ができて収入を得られる職業を基準にリストアップしているので、ぜひ参考にしてください。

なお、ここでは在宅勤務可能な会社員は外しています。

  • エンジニア
  • ブロガー
  • アフィリエイター
  • ライター
  • 小説家
  • 投資家
  • インスタグラマー
  • アーティスト
  • フォトグラファー

これを見てもわかる通り、主に専門職系が強い傾向にあります。

すでにここで取り上げた職業に就いている人のなかで、ノマドライフに憧れを抱いている人がいたら一度、挑戦してみてもよいかもしれません。

一方、今現在、リストの職業に就いていない人のなかで、ノマドライフを送りたいと思っている人がいたら、今からやってみたい職業を決めて、少しずつ準備を進めていくとよいでしょう。

ノマドライフを叶えたい女性にオススメの職業

ノマドライフとは04
前節のリストのなかから、特にオススメの職業をご紹介します。

ノマドライフを叶えたい女性は、しっかりとチェックしておきましょう。

ブロガー

ブロガーは、大まかに言うと自分のブログのなかで情報を発信し、ファンをつくっていく仕事です。企業からの広告掲載料を主な収入源とします。

最近では、無料かつ簡単にブログをつくれるため、Webに詳しくない女性でも、抵抗なく取り組んでいけるでしょう。

ライター

ブロガーと似ていますが、ライターの場合は自分のブログに限らず、企業から依頼された記事も作成していく仕事です。執筆料が主な収入となります。

敷居はとても低いため、ランサーズやクラウドワークスなどのクラウドソーシングサービスを利用すれば、今日にでもライターデビューできます。

ただ、そうしたサービスの案件は基本的に報酬が少ないため、かなりの記事を書かなければ、ひと月あたりの収入は悲惨なものになります。

一方で、実績を積み上げていけば、企業などから指名案件として高単価の仕事を任せてもらえたりします。

Web業界では、美容やコスメ、クッキングなど、女性ユーザー向けのメディア案件がたくさんあります。こうしたジャンルに興味がある女性なら、楽しく仕事ができるでしょう。

インスタグラマー

最近話題の職業がインスタグラマーです。インスタグラマーとは、インスタグラムを利用している人のなかで、フォロワー数が特に多い人のことを指します。

企業の商品や店舗などを自分のアカウントで紹介する対価として収入を得ています。身近なアプリで利用している人も多いことから、非常に取り組みやすい職業と言えるでしょう。

しかし、単純にフォロワー数が多いだけでは、安定した収入につなげていくことはできません。業界ではインスタグラムマーのなかでも、本当のファンが多い人にニーズが集まります。

特定のジャンルに絞って本当のファンを増やすなどし、多くの人から支持されればインスタグラマーとして活躍できるでしょう。

最後に

ノマドライフとは05
ノマドライフについて理解を深められたでしょうか?

ノマドライフを実現できれば、ひとつの場所に縛られないで自由に働けます。しかし、軽い気持ちでは収入が不安定になるなど、大変な部分もあります。

ノマドライフを叶えたい人は、自分がどうありたいのかをしっかり考えたうえで、今の生き方でいくか、ノマドライフでいくかを決めることをオススメします。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。